どれだけ働いても給料は月給10万円 AKB48は現代の女工哀史だ

1 :かばほ〜るφ ★:2010/05/01(土) 00:02:45 ID:???0images
週刊文春がAKB48は現代の「女工哀史」と報道、以下はその抜粋

ファンの人気投票で決める「AKB48選抜総選挙」、昨年に行われた“総選挙”で上位に入った「AKB48」現役メンバーの父の証言
・朝、始発で出かけて終電で帰って来る毎日。休みは月に1、2日もあればいいほう。
・給料は月給約10万円。契約にあるCDの印税、写真やグッズなどの売上げの歩合収入は加算されず
・親同士で話してみるとそれなりの額をもらっている人は選抜組でも3、4人だけのよう。
・ギャラはもっと低い額、グッズ売上の歩合収入がときどき千円単位であった程度。最初は遅くなると送りの車があったが途中から終電で帰らされるようになった(元メンバーの身内の証言)。
・うちの娘は1円ももらっていない。交通費の実費精算があっただけ(元研究生の母の証言)。

芸能プロ幹部の証言
・AKB48は運営会杜の「AKS」(窪田康志社長)が統括、メンバーたちがそれぞれ芸能事務所に所属。その事務所サイドからAKSに対して「グッズなどの利益配分が無い」と不満が出ている

AKB48のエースとも言われる前田敦子について関係者の証言
・特別扱いされたせいか、どんどん我儘になった
・他のメンバーは体調が悪くてもレッスンを休めないが前田だけは遅刻、休みOK
・秋元康氏がメンバーと食事に行く時、そのメンバーとメニューは前田が決める
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 23:37│Comment(34)テレビ・芸能・スポーツこのエントリーをはてなブックマークに追加

小学生が選ぶ理想のお母さんランキング 1位ベッキー、2位辻希美・益若つばさ

1 : アイスポットシクリッド(dion軍):2010/04 /29(木) 18:18:09.94 ID:zZm163H5gawer
タレントのベッキーさん(26)が全国の小学生1000人を対象とした調査で「理想のお母さん」第1位に選ばれた。フジテレビの子ども向け番組製作子会社「フジテレビKIDS」は「母の日」に向けて、小学生向け情報番組「WeCan☆」(BSフジ)を通じて「理想のお母さんは誰ですか?」とのアンケートを実施したところ、ベッキーさんは「優しそうだから」「かわいくて明るい」と小学生たちの人気を集めた。

2位は“ママドル”として活躍中のタレント・辻希美さん(22)、同番組のメーンパーソナリティーを務めるモデルの益若つばささん(24)で、「子どもがいるのにきれいでかわいい」「ファッションのアドバイスをしてくれそう」と支持された。4位は女優の真矢みきさん(46)で「美人でかっこよくて優しい」「まさにお母さんと呼びたくなる」などの理由が上がった。5位は上戸彩さん(24)、6位は里田まいさん(26)。ほかに、仲間由紀恵さん(30)、松嶋菜々子さん(36)、スザンヌさん(23)、堀北真希さん(21)、木下優樹菜さん(22)、新垣結衣さん(21)らの名前も挙がった。

「WeCan☆」は、BSフジで毎週月〜金曜、午前7時15分から放送中の小学生向け情報番組。メーンパーソナリティーの益若さんと女子小学生15人の「WeCan☆Girls」が出演し、小学生のアンケート調査「WeCan☆リサーチ」やエンタメ情報、書籍の紹介など小学生のための情報を毎朝提供している。今回のアンケート結果は30日に放送予定。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100429-00000013-mantan-ent
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 17:41│Comment(36)社会このエントリーをはてなブックマークに追加

薬漬けした幼女を売春させ荒稼ぎ…カンボジア

1 : アイスポットシクリッド(北海道):2010/04 /29(木) 22:57:52.15 ID:GTrGxM0gp_35a
「お客さん、寄っていくかい?」
「いくらになる?」

カンボジアの夜の路上の一角では、欲望の交渉が毎晩のように行われている。その背後には、助けを求める声を上げることさえできず、強制的に売春宿で搾取されている無数の少女たちが存在している。

10歳に満たない少女も
「売春宿から救い出すことに成功した少女の中には10歳に満たない子どももいた。中には薬物で薬漬けにされ、監禁され、拷問を受け、性の奴隷として体も心も破壊された少女もいた」。NGOの潜入捜査官だったナエット・ティーさん(35)が話す。

ティーさんは人身売買され、売春宿で強制的に働かされている少女たちの救出や保護、職業訓練の場などを提供しているNGO「CCPCR」で潜入捜査官として長年働いてきた。

「売春宿の多くは摘発を逃れるためにカラオケや理髪店、カフェに姿を変えて売春行為を行っている。裏にはマフィアの存在があり、腐敗した警察や司法関係者、政治家も人身売買に深くかかわっている場合もある。カンボジアは人身売買の巣窟となっています」
素顔のカンボジア

カンボジアで性産業が拡充し、人身売買が増大の傾向を見せ始めたのは1990年代前半といわれている。国連やNGOがカンボジア和平、復興のためにカンボジアに駐留し、開発が進み、旅行者も訪れるようになるにつれ、売春宿も増えていった。エイズの拡大も同時期とみられている。
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 10:31│Comment(125)社会このエントリーをはてなブックマークに追加