人類滅亡の危機? 来年3月、小惑星が地球に直撃する

1 : イリオモテヤマネコ(徳島県):2012/12/02(日) 11:23:09.38ID:g19FJK0e01
マヤ暦・人類滅亡のXデーである2012年12月23日に、人類が本当に滅亡するかについては諸説あるが、仮に2012年を乗り越えても、それ
は人類滅亡の危機を乗り越えたことには決してならないという。迫りくる新たな脅威は無数にあるのだ。

昨年、ウィーンで開催された国連の科学技術部会のセッション中に、とんでもない緊急議題があがった。それは「2014AZ5」と呼ばれる小惑星が現在、地球に向かっており、最悪、来年の3月にも地球に激突する可能性があるというのだ。2014AZ5は、昨年1月に発見され、その質量や組成構造は現在のところ不明。わかっているのは、幅が約290mほどだということだけ。

同程度の幅の小惑星の衝突例としては、1908年にシベリアで起こった「ツングースカ大爆発」などがあり、地球に激突した場合、被害の規模は最低でも、落下地点から半径30km以内にある建造物が跡形もなく吹き飛ぶという。もし、これが東京に落ちたとすれば首都圏は壊滅だろう……。

これについて欧州宇宙機関(ESA)ソーラーシステムミッション部門のクアミ・ロイモ氏は、「2014AZ5の最接近は、2013年3月。それ以上のことは、現段階では不確定要素が多くて回答不能。現在、世界中の政府と連携を取り合っているところだ」と多くを語っていない。

だが、全米各地のスパコンをフル動員した、北米小惑星調査プロジェクトのシミュレートによると、2014AZ5は来年3月17日に125分の1の確率でカリフォルニア州南部に激突するという結果を導き出しているのだ!ただ、この計算には、2014AZ5の正確な質量が入力されておらず、一般的な質量である場合と仮定されている。

実は小惑星は質量が小さく、ほかの天体の引力の影響を受けやすいために軌道計算が困難。質量の大小で、軌道が大きく変化し、地球最接近時の軌道は、1週間程度前でないとわからないのだという。同プロジェクトによると、小惑星の質量が0.00001%軽いと地球への衝突を免れ、0.00001%重いと日本に、0.000012〜0.00004%重いと中国に衝突するとのこと。

http://wpb.shueisha.co.jp/2012/12/02/15695/
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 10:23│Comment(0)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽の170億倍、超大質量ブラックホールを発見 観測史上最大か

1 : 一般人φ ★:2012/11/29(木) 21:20:51.29ID:???1
【11月29日 AFP】宇宙観測史上最大かもしれない超大質量ブラックホールを2億2000万光年離れた小さな銀河「NGC 1277」の中心部に発見したと、米天文学者らが28日発表した。質量は太陽の170億倍で、銀河の7分の1を占めるという。

研究チームによれば、標準的なブラックホールが銀河に占める質量の割合は0.1%ほど。これほど巨大なブラックホールは想定外で、宇宙の形成に関する定説が見直しを迫られる可能性があるという。

「NGC 1277」の大きさは地球のある天の川銀河(Milky Way)のわずか10分の1だが、ブラックホールの「口」の大きさは、海王星の太陽周回軌道の11倍以上にも及ぶ。

米テキサス大学オースティン校(University of Texas at Austin)のカール・ゲプハルト(Karl Gebhardt)氏はメディア向け声明文で、「本当に風変わりな銀河。ほとんど全てがブラックホールでできている。銀河系とブラックホールの新分類に属する最初の天体かもしれない」と述べた。

現在、観測史上最大の質量を持つとされるブラックホールは2011年に発見されたものだが、まだ質量を割り出す精密な観測が実施されていないため、今回見つかったブラックホールが史上最大である可能性がある。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2913704/9913950
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 23:4│Comment(0)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

1日1本のソフトドリンクで前立腺がんのリスク増

1 : そーきそばΦ ★:2012/11/28(水) 22:46:27.49ID:???01
【AFP=時事】通常サイズのソフトドリンクを1日1本飲む男性は、治療を必要とする前立腺がんの発症リスクが高くなるとするスウェーデンの調査結果が、26日発表された。

ルンド大学(Lund University)の博士課程で学ぶイサベル・ドラケ(Isabel Drake)さんらの研究チームは、45〜73歳の男性8000人以上を対象に、平均15年間にわたり定期健康診断の受診と食習慣の記録を依頼した。

その結果、330ミリリットルのソフトドリンクを1日当たり1本飲む男性は、治療が必要とされる比較的重い前立腺がんの発症率が40%高いことが分かった。これらのがんは、前立腺特異抗原(PSA)検査で発見されたのでははなく、表立った症状が出て見つかったものだった。

またドラケさんによれば、治療を必要としないことが多い比較的軽度の前立腺がんを発症する割合は、米やパスタに偏った食事をとる男性で31%、砂糖を多く含む朝食用シリアルを頻繁に食べる男性では38%高かった。なお、中国と日本から米国に移住した人は、自国にとどまった人よりも前立腺がんの発症率が高いことが先行研究で示されている。

ドラケさんは、食生活の指針を改定するにはさらなる調査が必要だとしつつも、ソフトドリンクの量を控えるべき理由は十分にあると話すとともに、食生活の変化に遺伝子がいかに反応するかをさらに研究することで、特定の高リスク集団にあわせた食習慣ガイドラインの作成が可能になるのではないかと語った。

この研究の論文は米健康・栄養専門誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション(American Journal of Clinical Nutrition)」に掲載された。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121128-00000021-jij_afp-int
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 12:6│Comment(2)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

白いカラス /島根

1 : ベガスρ ★:2012/11/19(月) 23:39:01.18ID:???1
”純白のカラス出現 突然変異か 島根”

純白で目の青いカラスが、島根県大田市の里山に出現。うわさを聞いた野室庸司さん(68)=益田市=が2日間の張り込みの末、撮影に成功した。

血液のせいか、くちばしや胴体は少しピンクがかって見えるが、翼はほぼ純白。野室さんは「とにかくきれいだった」と驚く。

日本鳥類保護連盟によると、ハシブトガラスの突然変異らしいが、「ここまで真っ白なのは見たことがない」。山積する人間界の諸問題に、早く白黒つけよと命じる天の使者か?

http://www.asahi.com/national/update/1119/OSK201211190080.html
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 16:41│Comment(0)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

普通の砂糖より、カロリーゼロの合成甘味料のほうが体重が増える!研究で判明

1 : ベンガルヤマネコ(新疆ウイグル自治区):2012/11/20(火) 23:38:12.88ID:fLIm3aEM0images
普通の砂糖より、カロリーゼロの合成甘味料のほうが体重が増える!研究で判明

ブラジルの研究機関でラットに、砂糖・サッカリン・アスパルテームをそれぞれ添加したヨーグルトを与えて観察したら、12週間後には、カロリーゼロを謳ったサッカリンやアスパルテームの添加食のほうがラットの体重が増加していた。

これは合成甘味料が代謝を抑制し、しかも浮腫を助長するせいで、カロリーと関係なく体重増加を促すせいだと推測される。

http://www.digitaljournal.com/article/336475
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 12:16│Comment(0)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の知能は2000〜6000年前がピークだった

1 : サバトラ(埼玉県):2012/11/15(木) 20:18:03.57ID:J4xbFWNqP1
taraiok 曰く、スタンフォード大学のクラブツリー研究所の遺伝学者Gerald "Jerry" Crabtree教授が、「人間の知性は2000〜6000年前にピークを迎えており、その後人類の知的、感情的な能力は徐々に衰えている」という研究結果を発表している。

同の主張によれば、人間は狩猟採集社会として生きてきた時代に進化の99%が終了しているそうだ。これは脳の大きさの変化で明らかだという。歴史の中で農業や都市が発明され、命が脅かされるリスクが減ったことで、知能の低い人間が淘汰される機会が減ったことが、人類の進化(脳の拡大)を止めた原因だとしている。

http://science.slashdot.jp/story/12/11/15/0855243/
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 21:21│Comment(0)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

恒星系からはぐれた「孤児惑星」を発見 地球から僅か100光年、質量は木星の7倍

1 : メインクーン(大阪府):2012/11/15(木) 18:42:21.72ID:lIyc4Npr0image_for_msafari
【11月15日 AFP】欧州南天天文台(European Southern Observatory、ESO)は14日、恒星系からはぐれ宇宙の中を孤独にさまよう「浮遊惑星」を発見したと発表した。

「CFBDSIR2149」と呼ばれるこの天体は、何らかの理由で母なる星の引力が及ぶ範囲から外れたと考えられている。宇宙空間を自由に漂う惑星は以前にも発見されていたが、この惑星と地球との距離は100光年余りで、これまで見つかった中では地球から最も近い。

カナダ・フランス・ハワイ望遠鏡(Canada-France-Hawaii Telescope)の赤外線カメラや、南米チリにESOが持つ世界で6番目に大きな光学望遠鏡「VLT(Very Large Telescope)」を使った観測により、この星が「かじき座AB運動星団(AB Doradus Moving Group)」と呼ばれる若い恒星の集まりの近くを漂っていることが分かった。

■虚空を漂う孤独な星
カナダ・モントリオール大学(University of Montreal)の天体物理学者リゾン・マロ(Lison Malo)氏によると、この星団はほぼ同じ年齢や組成の恒星約30個が一緒になって宇宙空間を移動している珍しい星団。当初の観測でCFBDSIR2149は、サイズが小さいために核融合反応を起こせず光を発しない「褐色矮星(わいせい)」の可能性もあると考えられていたが、かじき座AB運動星団との関連が明らかになったことで浮遊惑星と判断することが可能になったという。

観測チームの推定によるとCFBDSIR2149の年齢は5000万〜1億2000万歳で、表面温度はセ氏400度程度、質量は太陽系で最大の惑星である木星の4〜7倍だという。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2912078/9835743
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 11:51│Comment(0)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

水星にスマイル

1 : 帰社倶楽部φ ★:2012/11/13(火) 15:17:41.78ID:???0image_feature_2392_big
NASAの水星探査機「メッセンジャー」が水星の複雑なクレーターの中心丘に“スマイルマーク”を見つけた。クレーター内の大きな丘が笑みを浮かべる口元に見え、2つの小さな小山が目のように見える(画像は下側が北)。

水星では今年6月にも、南半球にあるマグリット・クレーターの北西に、ミッキーマウスそっくりに見える地形が発見されている。

メッセンジャーは史上初めて水星の周回軌道に投入された探査機で、搭載されたカメラや分光器による分析で太陽系の最も内側の惑星の歴史と進化を解明している。

ここ1年間の主要なミッションの中で、メッセンジャーは8万8746枚の画像と詳細なデータを取得した。現在は追加ミッションに入っており、さらに8万枚以上の画像を撮影する予定だ。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2012111305&expand#title
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 17:53│Comment(0)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

「牛乳ビンで飲む美味しさ」を客観的な数値に基づき科学的に解明/金沢工業大学など

1 : 白夜φ ★:2012/11/13(火) 10:09:15.20ID:???imgres
<「牛乳ビンで飲む美味しさ」を科学的に解明。KITと(株)明治の研究グループ>

金沢工業大学 感動デザイン工学研究所(所長:神宮英夫 心理情報学科教授)と(株)明治 食品開発研究所の研究グループは、この度、ビンで飲む牛乳のおいしさを客観的な数値に基づき科学的に解明しました。

当研究成果は、日本官能評価学会の2011年度優秀研究発表賞に選出され、2012年11月10日に東京農業大学で開催された同学会にて表彰されました。

研究グループは「牛乳を飲む時に感じる香り」と「牛乳ビンから感じる触感」に着目し、ニオイセンサとサーモグラフィによる計測を行いました。ニオイセンサによる計測では、ビン牛乳の容器形状によりミルクの香りが強くなることが数値的に実証され、これが濃厚なあじわいにつながることを初めて科学的に検証できました。またサーモグラフィを使いた顔面温度の解析では、牛乳ビンの素材や飲み口により、牛乳飲用時の唇表面の温度が変化し、このことが心地よいひんやり感につながることが客観的な数値で裏付けられました

これらの研究結果は、今後、消費者がよりおいしいと感じる牛乳の開発に生かされるものと期待されています。
http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2012/1191660_2480.html
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 22:51│Comment(0)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

「褒められると伸びる」は本当 科学的に証明/生理学研

1 : 白夜φ ★:2012/11/08(木) 18:24:09.75ID:???a
<「褒められると伸びる」実験証明 生理学研、科学誌に発表> 

「褒められると伸びる」は本当―。運動トレーニングをした際に他人から褒められると、上手に運動技能を取得できることを、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の定藤規弘教授(神経科学)らの研究グループが実験で明らかにし、米オンライン科学誌プロスワン11月7日号に発表した。

グループの田中悟志名古屋工業大准教授(神経工学)は「褒めて伸ばすという言葉が科学的に証明された。教育やリハビリテーションの現場で応用できる」としている。

これまでの研究で、うれしいことがあると、脳内で記憶の定着に重要な役割を果たすドーパミンが分泌されると判明している。
http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012110801000841.html
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 8:9│Comment(0)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加