キ○タマは冷やしたほうが良い 男性ホルモン分泌にも重要

1 名前: ドジョウ(東京都)[] 投稿日:2010/06/22(火) 13:03:34.24 ID:7AN2CC/1marimokkori1
【Q】知人に「ED予防になる」といって、睾丸に冷水をかける健康法を勧められました。その知人は夏だけでなく真冬でもやっており、確かに効果があると言うのですが、これは医学的にも認められた健康法なのでしょうか。逆に睾丸を冷やすことで害はないのでしょうか。

【A】これは数千年もの昔から伝承される「金冷法」とよばれるものです。 精巣は子宝の素、つまり精子形成の源として、古来最も重視された臓器の一つです。

この精巣は、お腹の中ではなく、あえて体外に「ぶら下がる」という形態をとることで、その温度を2度ほど下げています。これにより、精子形成の悪化を防いでいると考えることができます。

十数年前まで、医療界では男性が風呂に浸かること、つまり睾丸を温めることで精子形成能力を弱めている(不妊の原因)のではないか−という意見もあったほど、精巣を冷やすことの重要性は、科学的にも評価されているのです。

精子形成の他にもう一つ、睾丸には男性ホルモン分泌の役割が与えられていますが、この面においても温度は低いほうがいいとされています。「停留精巣」といって、睾丸が陰のうではなく“体内”に入ってしまう人がいますが、この場合睾丸の機能が低下することが分かっており、この点からも金冷法は理にかなった健康法といえるでしょう。

睾丸を冷やすことで考えられる害といえば、陰嚢の表皮のひびやあかぎれくらいですが、いずれも限度を守れば予防できます。あとはかぜをひかないようにお気を付けください。
http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20100621/dct1006211543000-n2.htm
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 22:28│Comment(9)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

Q. 紙1枚とテープだけを使って、卵を15mの高さから割らずに落とすにはどうしたらいいか?

1 名前: ソードテール(東京都)[] 投稿日:2010/06/21(月) 17:31:05.14 ID:AKceQPf6wef
紙1枚と両面テープ、セロハンテープだけを使って生卵を守る工作をし、校舎4階(約15メートル)から割らずに落とす−。そんな技術を競う「エッグドロップコンテスト」が大阪電気通信大(大阪府寝屋川市)で開かれ、13作品中、着地の際の衝撃をうまく和らげた3作品が卵を守りきった。コンテストは5月24日に開かれ、工学部基礎理工学科の新入生約50人が3〜5人のチームに分かれ、参加。A2サイズ(縦42センチ、横59.4センチ)の厚手の紙とアイデアで難問に挑んだ。

最優秀賞は、成功した3作品のうち、約33グラムと最も軽かった「やっしー」。落下速度を落とすためヤシの木をかたどったパラシュート型にしたもので、卵の下には、紙で作った円柱形の「緩衝材」を敷いた。成功作品以外にも、紙をバネのように折りたたんで衝撃を軽減したり、二重構造の箱の中に卵を入れて落下時のダメージを分散したりするなど、趣向を凝らした作品が登場した。担当した中村拓司准教授は「遊びながら学んでもらうのが目的。それぞれが目標のため創意工夫してくれた」と話した。
http://sankei.jp.msn.com/science/science/100621/scn1006211103007-n1.htm
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 10:47│Comment(59)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

【画像あり】四角いヒトデが発見される

1 名前: ニセクロスジギンポ(東京都)[] 投稿日:2010/06/21(月) 10:26:15.18 ID:ktcZpw6P3
通常の星形とは異なる四角形のイトマキヒトデが鳥取県岩美町の海岸で見つかり、同町の県立博物館付属山陰海岸学習館で公開されている。四角形のヒトデは極めてまれで、同館は遺伝的な原因で変異したとみている。

同館の学芸員、和田年史さん(32)が、同町の羽尾海岸で展示用の生物を採取していた際に見つけた。ヒトデは体の一部が欠損しても再生することから、もともと四角形をしていたと和田さんは推測している。

海岸の岩場に生息するイトマキヒトデは国内各地に分布。成体は大人の拳ほどの大きさで、色も青や水色、オレンジとさまざま。

四角いイトマキヒトデは、同館のメーン水槽で星形のイトマキヒトデと一緒に展示されている。
http://sankei.jp.msn.com/science/science/100621/scn1006211020006-n1.htm
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 19:36│Comment(28)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

月に大量の水キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!   アポロが採取した石を分析

1 名前: ゴールデントラウト(東京都)[] 投稿日:2010/06/15(火) 13:55:01.35 ID:lw/n7V4415513
月の内部には至る所に水が存在し、最低でもこれまで考えられていた量の100倍に及ぶ可能性があるとの研究結果を、米カーネギー研究所や岡山大地球物質科学研究センター(鳥取県三朝町)などのチームが14日、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

約40年前に米国が進めた有人のアポロ計画で採取し持ち帰った月の石などを、専門家らがあらためて分析した調査の結果という。

調査は、月内部の鉱石に水が含まれているとし、これまでの予想よりも広範に分布している可能性も指摘。米航空宇宙局(NASA)は「(米国の)五大湖の水を上回る量」と表現している。

以前から月には水があるとされていたが、予想をはるかに超える量が実際に存在すれば、将来の有人月探査で長期滞在のための飲料水にしたり、分解して得られる水素を燃料などに利用したりできる可能性がある。
http://sankei.jp.msn.com/science/science/100615/scn1006151327002-n1.htm
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 21:3│Comment(34)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

エチゼンクラゲの繁殖に成功! 変態を繰り返し成長

1 名前: ◆SCHearTCPU @胸のときめき▲φ ★[] 投稿日:2010/06/08(火) 07:35:04 ID:???0etizenkurage
福井県坂井市三国町の越前松島水族館は、近年の大量発生で漁業被害などを巻き起こし、問題になっている大型クラゲ(エチゼンクラゲ)の人工授精による繁殖に成功、7日から一般公開を始めた。水槽内には直径5センチ前後の稚クラゲがゆっくりと“浮遊”している。

繁殖や成長のメカニズムを解明し、大量発生を抑制する方策を探ろうと繁殖に取り組んだ。昨年12月、同水族館の沖合で成熟したクラゲを捕獲、採取した精巣と卵巣を使って人工授精し、受精卵を取り出した。

受精卵は1日で「プラヌラ」と呼ばれる幼生に変態。その後「ポリプ」「エフィラ」と変態を繰り返し、成長していった。最初のエフィラを2月7日に確認、4月中旬までに直径1・4〜1・7センチの稚クラゲになった。

大型クラゲの繁殖は国内のほかの水族館でも成功しているが、これまでバレーボールより小さい程度までしか成長していない。
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/index.php?page=article&storyid=21844&storytopic=1
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 0:24│Comment(24)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

小惑星探査機「はやぶさ」の地球帰還が確実に…宇宙機構、軌道修正に成功

1 名前: 出世ウホφ ★[] 投稿日:2010/06/05(土) 16:32:39 ID:???0TKY201006050127
宇宙航空研究開発機構は5日、地球帰還に向けた小惑星探査機「はやぶさ」の軌道修正のためのエンジン噴射に成功したと発表した。小惑星「イトカワ」の砂が入っている可能性のあるカプセル部分が、13日深夜にオーストラリア南部に落下することが確実になった。

2003年5月にM5ロケットで打ち上げられて以来、約7年ぶりの地球帰還となる。姿勢制御装置やエンジン類の故障などトラブルが相次ぎ、一時は帰還が困難視されたが、故障したエンジンの部品を活用するなど運用の工夫で乗り越えた。

小惑星から岩石を回収できれば世界初の快挙。約46億年前に太陽系ができたばかりのころの情報をとどめていると考えられている小惑星の砂が入手できれば、太陽系の進化についての理解が大きく前進すると期待される。

9日に最後の軌道修正をしてオーストラリア・ウーメラ砂漠に設定した落下地点に精密に導く。日本時間13日午後8時ごろに探査機本体からカプセルを分離。約3時間後、それぞれが大気圏に突入し、探査機本体は大気圏で燃え尽きる。カプセルは高度約10キロでパラシュートを開き、電波を発しながら砂漠に落下。回収チームは電波を頼りに落下地点を探る。
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010060501000376.html
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 11:40│Comment(42)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

才能より努力が勝ることが判明

1 名前: リュウグウノツカイ(埼玉県)[] 投稿日:2010/06/03(木) 20:26:21.05 ID:cysd/VEN000
米ペンシルバニア大学のある研究では、8年生(日本の中学2年生に相当)の生徒140名を対象に、調査を行いました。生徒自身・親・教師へのアンケートや学業成績、難関校への入学試験結果、授業の出席状況などを分析したところ、自己鍛錬ができている生徒は、より高いGPAを出し、テストの点数も高く、難関校の入試にも合格しやすかったとか。

それらの生徒は、学校の欠席も少なく、宿題もきちんとこなし、テレビを視る時間も少なかったそうです。そして、学業成績との因果関係について、さらに調査したところ、学業成績は、IQの高さよりも、自己鍛錬の有無のほうが、強い相関が認められました。また、IQが高い生徒と異なり、自己鍛錬できている生徒は、一年を通じて、成績が伸びる傾向にあることがわかったそうです。
http://www.lifehacker.jp/2010/06/100601self_discipline.html
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 0:50│Comment(121)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

コーラをよく飲む男性は精子の数が少ないことが判明

1 : 接着剤(東京都):2010/04/02(金) 14:12:17.15 ID:cOMdn9Bkimages
コーラと精子は切っても切れない縁のようで、以前にはコカ・コーラの精子を殺す避妊効果の有無についての研究がイグノーベル賞を受賞したこともありますが(ちなみに直近の研究では精子を殺す効果はないという結論だったようです)また新たに「コーラは子作りの敵」説を後押しする研究結果が出たようです。

デンマークで行われた2500人以上の男性を対象とした大規模な調査で、コーラをよく飲む男性はコーラを飲まない男性と比べ精液の質が低く、体積あたりの精子数が4割近く少ないことが明らかになりました。

デンマーク王立病院・コペンハーゲン大学病院発達生殖部門のTina Kold Jensen教授は、2001年から2005年にデンマークで徴兵のための健康診断を受けた男性の中から協力者を募り、2554人の18歳前後の健康な男性のデータを得ました。調査結果はAmerican Journal of Epidemiology誌に発表されています。男性らは精液サンプルを提出するとともに生活や食習慣に関するアンケートに回答し、アンケートの中にはコーラやコーヒーなどのカフェインを含む飲料の摂取についての質問もありました。

その結果、カフェイン摂取量とコーラの飲用量が低〜中程度の男性(カフェイン摂取量1日800mg以内、コーラ飲用量は週に500mlボトル14本以内)では、精液の質への影響は見られなかったそうですが、カフェインやコーラの摂取量が高い男性(カフェイン1日800mg超、コーラ週500ml×14本超)では精液濃度と精子数が低かったそうです。ただし、精液濃度精子数はカフェイン摂取量とは相関せず、コーラの飲用量とのみ有意な相関が見られたとのこと。

コーラ飲用量が低〜中程度の男性の精子数は平均で1mlあたり5600万個だったのに対し、1日に1L以上コーラを飲む男性93人の平均は1mlあたり 3500万個と、コーラをあまり飲まない男性の約63%の精子数だったそうです。この1mlあたり3500万個という数字はWHOの指標では正常値に入る値ですが、低い精子数は不妊のリスクを高めます。
http://www.physorg.com/news189238657.html
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 18:47│Comment(37)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

マンモス絶滅の原因は「気候変動」や「狩り」ではない?

1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめき▲φ ★:2010/04/02(金) 07:58:21 ID:???0images
人類が文字を発明して以後も長い間北極海の孤島に生存していた最後のマンモスたちは、「短期間で」絶滅したとする論文が、前月30日の英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に発表された。

かつてユーラシアと北米をかっ歩していたマンモスだが、前回の氷河期の終わりまでになぜ大半が絶滅してしまったのかは、これまで、激しい議論が戦わされてきた。

マンモスの群れは、現在のロシア・シベリア北部のウランゲル島(Wrangel Island)に約4000年前まで生息していたことが知られている。放射性炭素年代測定法では、紀元前1700年までは少なくとも数頭が存在していたことが明らかになっている。なお、この島はもともと陸続きだったが、1万2000〜9000年前に水位の上昇により孤島となった。

ストックホルム大(Stockholm University)の研究チームは、絶滅の原因を探るべく、マンモスの骨と牙から少量のミトコンドリアDNAを抽出し、分析した。
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 18:51│Comment(28)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加

早撃ち対決は、先に銃を抜いたほうが負ける…英論文

1 : 厚揚げ(不明なsoftbank):2010/02 /04(木) 06:16:22.43 ID:1b15AD5Kimages
【ロンドン時事】拳銃を相手よりも先に抜こうとする意識的な行動速度よりも、相手の行動をみて本能的に反応する速度のほうが速い−。英研究チームが「決闘」に関して実施した実験で、このような結果が判明した。3日付のタイムズなど英有力各紙が報じた。

実験したのは、英バーミンガム大学のアンドルー・ウェルチマン博士のチーム。54人が参加し、拳銃の代わりに押しボタンを使い、行動速度を計測した。その結果、自らの意思で最初にボタンを押す場合よりも、相手の手の動きに反応して押す場合のほうが、行動速度が平均0.02秒速かったという。

同博士は「意識的に行動する場合と本能的に外部の動きに反応する場合の二つの速度を計測したのは初めて」としている。

ただ決闘で、「正義のガンマン」が、先に銃に手を掛けた悪漢を電光石火の早業で撃ち倒す西部劇でおなじみのシーンについて同博士は、後に銃を抜く人は、相手の動きを見てから銃を抜くまでに時間がかかるので、実際に勝つことは難しいと指摘している。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100204-00000034-jij-int
以下、2ちゃんねるの反応
teranews at 10:55│Comment(54)科学・宇宙このエントリーをはてなブックマークに追加